【出産準備中のママ必見!】 あると便利なものは何?使わなかったものも使ったものも全部教えます

すず

こんにちは、すずです^^

妊娠おめでとうございます!赤ちゃんに会えるの、楽しみですね!

そろそろ出産準備を~とお考えのママパパ

赤ちゃんの為に最高の環境を作りたいですよね!

可愛いグッズもお店にたくさん並んでますから、ついついあれもこれもと買いたくなってしまいます

すごーく分かります!私も長女を妊娠したときは「あれもほしい」「これもほしい」と夫にねだってました

でも、少し落ち着いて考えてみましょう!

いきなりずばっと言いますが、最低限!布団とおむつと赤ちゃんの着替えを出産までに用意しておけば、あとは生まれてからで大丈夫です

産婦人科から車で家に帰る方はチャイルドシートを必ず買いましょう

それくらいですね

ミルクや哺乳瓶は産婦人科等でもらえることもあります

先に確認しましょう

大型の育児用品はお住いの環境によっては「買ったけど使わなかった」なんてことがあるかもしれません

本記事を読んで今一度「何を買うべきか」を確認してみてください

長文になりますので、見出しを選んで読みたいところへ飛んでください!

こんな人におすすめ!

・初めての赤ちゃんで何を買ったらいいか分からない

・新品を購入したほうがいいのか、レンタルや中古品でいいのか悩んでいる

・使ったときの感想が知りたい

目次

1,ベビーベッドはレンタルで試しましょう!

ベビーベッドはレンタルで試してみるのがいいでしょう

1-1 両親がベッドで寝るなら必要、布団派の人には必要ない

兄弟姉妹がいるご家庭だと「上の子がちょっかいだしたり、誤って踏んだりしないようにあったほうがいい」かもしれません

私も、長男が生まれたとき長女が3歳でしたのであったほうが安心かなと思い使ってみました

が、我が家にはあまり必要なかったです

娘は保育園に行っていましたので日中家にいませんでした

聞き分けがいいのもあり、あまり心配がいりませんでした

それから、我が家はベッドじゃなくて畳に布団敷いて寝てるんです

なので、赤ちゃんだけベッドで寝かすと寝ている様子が見れなくて「布団が顔に被ってないかな?」とか心配で眠れませんでした…

ベビー布団を私の布団と並べるほうが、夜中に授乳したあともそのまま横にすっと寝かせることが出来ますので、そのほうが楽でした

当時、娘と夫とは寝室を分けてましたので、2人が赤ちゃんを下敷きにしてしまう心配もありませんでした

悲しいことに夜にベビーベッドを使うことはありませんでした

ただ、パパママがベッドで寝るなら赤ちゃんにもベッドを用意したほうがいいです

パパママと同じベッドで添い寝はやめましょう

敷き布団がふかふかだと沈み込んでしまって赤ちゃんの血流が悪くなるそうです

血流が悪くなると赤ちゃんの成長の妨げになります

また、親が赤ちゃんに覆いかぶさったりして窒息させてしまう恐れもあります

私、長男が赤ちゃんの頃に冷や汗をかいたことがあります

長男が生後2か月くらいのときに自分の布団に寝かせて一緒に寝たことがあるんです

ちょうど寒くなってきた頃だったのもあり、朝起きたら私は布団を首まですっぽり被ってました

長男はというと、外側からは顔が見えないくらい布団に潜り込んでました

幸い息をしてたので大事にはなりませんでしたが、とてもとても怖かったです

ベビー布団は赤ちゃんが快適に寝るために固さや通気性を調節してありますし、思わぬ事故を防ぐためにもベビー布団は必ず使いましょう!

1-2 生後6か月過ぎるとベッドを嫌がることがある

長男と次男は、生後2か月くらいまでは昼の間にベッドで寝かすこともありました

しかし、3か月を過ぎたころから抱っこじゃないと寝ないこともあり、段々使う頻度が減っていきました

生後半年を過ぎると、ベッドにおろされるのを嫌がってギャン泣きでしたので使うのをやめました

生後6か月から7か月くらいからよく泣くようになるんですよね

まだ、ずりばいがは出来ないしお座りも安定してないのに、赤ちゃんが仰向けもうつ伏せも納得してくれなくなるんです

動きたくてしょうがないんですよねー…

次男のときは長男よりも活躍してくれました

長男が使っていたベッドは邪魔だし古いものだったので処分していたのですが、知り合いからカトージのプレイヤードをいただきました

「バシネット」というのをセットすればベビーベッドのような形になるので、ちょっと寝かすときとか和室を掃除するときに使ってました

↓これです↓

ただ、次男も生後6か月を過ぎた頃からプレイヤードに入るのを嫌がり、おんぶしてないとギャン泣きするので片づけました

生後8か月の今は、ずりばいが上手になったのでベビーサークルをしてます

生後8か月になった今はベビーサークルが活躍中

サークルだと上の子たちも一緒に入れるので、ちょっと家事をしたいときにお願いしてサークル内で遊んでもらってます

いちいち次男を追いかけていかなくていいので、長女と長男もラクみたいです

我が家では

・夜、畳に布団を敷いて寝ている

・日中、上の子たちが家にいることが少ない

・生後半年を過ぎるとベッドにおろされるのを嫌がった

上記の理由から、ベビーベッドやプレイヤードの出番はほぼありませんでした

ベビーサークルがありますので、もうカトージのプレイヤードを出すことはありませんね

逆に

・両親がいつもベッドで寝る

・未就園児の子(三歳以下)が日中も家にいる

・添い寝せずに赤ちゃん一人で寝るようにしつけをする

このような場合は、ベビーベッドを用意してもいいと思います

メル〇リだと送料込みで2万円程度、新品は3万から5万くらいですね

中古でも良品になるとさほど安くない気がします

送料が高いからでしょうね

ベッドの形や大きさも様々なので、ベビー布団(布団は必須です!)の大きさも確認してから用意しましょう

ちなみに、バシネット付きのプレイヤードはベッドではないので、お布団は敷けません

バシネットはフックをひっかけて吊り下げてあるだけなので、長時間赤ちゃんを寝かせて使用出来るものではありません

フリマアプリの中古品だと、前の方がどのような使い方をしていたかも分かりませんし、見えない所が劣化している可能性もありますので注意が必要です

どんな状態のものが来るか分からないという不安を抱えるよりかは、ちゃんと管理のされたレンタル用品を使いましょう


室内犬がいて、赤ちゃんがなめられたり嚙まれたりしない為に用意するなら、ベッドではなくベビーサークルでもいいかもしれません

赤ちゃんのお布団周りを囲うという方法もあります

ベビーサークルのほうが使い勝手はいいですね

大きくなって一人で遊ぶ時間が増えたら、プラスチックのボールをたくさん入れてボールプールにしようと思います

↓こんな感じです↓

以上でベビーベッドについては終わります

2、バウンサーとハイローチェアはどちらが便利か?

バウンサーとハイローチェアはどちらも赤ちゃんを寝かせておくことが出来る「ベルト付き」のアイテムです

赤ちゃんの体をすっぽり包み込むような形で、手動または電動で揺らすことができます

どちらも似たようなアイテムなのでどっちがいいか悩みますね

赤ちゃんによっては嫌がる子もいますが、あったら便利なアイテムなので使う部屋はどこだろう?というイメージを持って選んでみましょう

2-1 バウンサーとハイローチェアそれぞれの特徴

バウンサーの特徴はこんな感じ

・赤ちゃんの動きに合わせて揺れる

・コンパクトで持ち運びがしやすい

・専用のおもちゃが付いているものもあり、赤ちゃんを飽きさせない工夫がある

・お座りが安定しない時期の食事イスとして使える

・5000円くらいから買える

・使用期間、生後3週間から2歳ごろまで

ハイローチェアの特徴はこんな感じ

・キャスターで楽々移動が可能

・スウィング(ゆらゆらする動き)を手動でするもの、電動でするものがある

・高さが変えられるので使う部屋を選ばない(和室でも洋室でも使える)

・お座りが安定しない時期の食事イスになる

・価格は2万円から4万円くらい

・使用期間、新生児から48か月頃(4歳頃)まで

2-2 バウンサーもハイローチェアもなくても大丈夫!ただし、あったら便利で活躍する

「揺れる」という動きは、ママが赤ちゃんを抱っこであやすときの動作を再現しているようです

ママが抱っこするのが辛いときに寝かせて揺らせば寝てくれる赤ちゃんもいるらしいです

「いるらしい」としか書けないですね

次男出産時にバウンサーをいただいたので使いました

生後2か月くらいまでは勝手に寝てくれることもあったような気がしますが、勝手に寝てくれたらラッキーくらいに思ってください

私は、授乳して抱っこで寝てからバウンサーに寝かせることのほうが多かったです

次男はおしゃぶりをしてくれたので、おしゃぶりしながらバウンサーでゆらゆらすることもありました

おしゃぶりがあったおかげかもしれませんが、起きかけたときにもう一回寝てくれることはよくありました

なので、ゆらゆらしておけば寝てくれる赤ちゃんもいるとは思いますが、赤ちゃんがギャン泣きしていると寝ないかもしれないです

それから、ギャン泣きに親のほうが先に負けてしまうと思います

寝返りをし始めたらバウンサーやハイローチェアに寝かせるのは注意が必要です

ベルトをきちんとしておかないと、大人が近くにいないときに寝返りすると危険です

顔が埋まってしまったり、バウンサーなどから転落する可能性があります

ベルトをきちんと締める!というひと手間が割と面倒ではあります

どちらもお食事イスとして使えるのは便利です

離乳食を始めたばかりの頃はまだお座りが安定しない子が多いです

なので、お食事イスとして売っているものよりはバウンサーやハイローチェアに座らせてあげるほうがお世話しやすいです

ちなみに、バウンサーは高さが変わらないのでイスを使うテーブルでは使えません

長く使えるのはハイローチェアですね

3,クーハンはいわゆる簡易ベッドです

「クーハン(クーファン)」とは、赤ちゃんを寝かせるための簡易ベッドです

ベビーキャリーという言い方をするものもあります

布製で底に固い板を入れてあるバッグ型や、かごになっている見た目がとても可愛らしいものもあります

クーハンを簡易ベビーベッドとして使用できる期間は新生児期から寝返りをするまでです

そのあとは、かご型ならおもちゃ箱、バッグ型なら広げてマットにして使うなど使い方を変えて使用します

新生児期からだいたい生後4か月くらいまでの間にお出かけすることが多く、外出先で赤ちゃんを寝かせておく場所が必要になるなら買ってもいいと思います

かご型はスタンドが別売りされているものもあり、赤ちゃんを寝かせている様子はSNS映えしそうです

ただし、かさばるのでお出かけに持って出るのは大変そうです

私は義姉からバッグ型のクーハンをもらいましたが、あまり使いませんでした

コロナ禍で外出することが少なく、親戚宅へ数回行くことはありましたが座布団とタオルケットで充分でした

持っていくのが荷物になるので、クーハンにお金を使うくらいならお昼寝マットとかおもちゃが付いているプレイマットのほうがいいなーと思います

すごく可愛いですよね!

マンスリーフォトはご存じですか?毎月、赤ちゃんが成長した記録を残す記念写真のことです!可愛いマットに寝かせて撮った写真はスタジオで撮ったような仕上がりになりそうですね

SNSのアイコンとかにしても良さそうです!

4、まとめ~ねんねグッズを買うときの優先順位はこう!~

ベビー布団も含めて、私だったらこのように優先順位をつけます

☆両親がベッド派☆

①ベビー布団とベビーベッ

②バウンサーまたはハイローチェア(昼寝、赤ちゃんの食事、家事をするときの赤ちゃんの居場所用)

クーハンは買わない

☆両親が布団派☆

①ベビー布団

②バウンサーまたはハイローチェア(昼寝、赤ちゃんの食事、家事をするときの赤ちゃんの居場所用)

ベビーベッドとクーハンは買わない

赤ちゃんのお世話は大変なので、お世話を楽しむために便利なものは使うべきです

本当に必要かは使ってみないと分からないものもあるので、(ハイローチェアの電動スウィング機能とか)まずはレンタルで1か月使ってみるのがいいと思います

買ったけど使わなかったはとてももったいないです…

高い育児用品にお金をかけるよりも、可愛いベビー服やおもちゃ、ママのリフレッシュにお金をかけるほうがいいと思います

赤ちゃんのお世話をしていくうちに「あ、これあったほうが楽かも」と気づくこともあります

私の場合は「おしゃぶり」「授乳まくら」「おんぶひも」「ベビーサークル」がそれでした

別記事で役に立った点を書こうと思います!

赤ちゃんとの生活が始まると夫婦二人のときに比べると身動きが取りにくくはなりますが、焦って必要のないものまで買わないようにしましょう

コンビ公式オンラインショップ ウォーターサーバー 「クリクラ」本契約

☆合わせて読みたい☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる