【難聴児子育てブログ】0歳、1歳、2歳児向けおすすめ絵本!50選

すず

こんにちは、すずです^^

先日、次男の通う療育園で「絵本の読み聞かせ」を積極的にするように言語聴覚士(ST)の先生から言われました

難聴児にも絵本の読み聞かせをすることはとても大切だそうです

単純に親子のふれあいの時間を持てるからというだけではありません

コミュニケーションの方法として、「音声言語」以外に「文字」で伝える手段があることを教えるためです

文字を読んだり書いたりするのはだいたい6歳くらいからですが、早いうちから文字に触れさせてあげましょう!

また、子どもが自分からすすんで本を読むようになるかは、乳幼児期にパパママがどれだけ絵本を読んであげたかで変わってきます!

小さいうちに本にあまり触れてこなかった子は、大きくなってもなかなか本を読む習慣はつきません

まだ文字が読めない乳幼児期に本にたくさん触れるためには、パパママの「読み聞かせ」が必要です

本を読むことで語彙は増えるし、思考力や記憶力・コミュニケーション力が上がり、想像力も高まります

ちなみに我が家の小4長女は200ページくらいの小説(先日はディズニーのティンカーベルを読んでました)を1日から1日半くらいで読みます(金曜日に借りてきた本を次の日に読み終わってました)

本を読むことはメリットしかないので、子どもが何回も読みたくなる本を見つけて本を好きになってもらいましょう!

…そうは言っても何を読んだらいいか悩んでしまいますよね

大丈夫です

私に任せてください

この記事では我が家の子どもたちが小さい頃によく読んでいた絵本を紹介します

ママパパも一緒に楽しめる絵本ばかりです

私は読み聞かせをするときは「身振り手振り」を交えることもあります

併せてご紹介したいと思います

↓以下のようなサイトもあります!ぜひ、のぞいてみてください^^↓

☆今売れている絵本や人気絵本のランキングを掲載☆

☆全ページためしよみ出来る絵本がたくさん!絵本のプレゼント企画なども☆

この記事のこと

・我が家で実際に読んでいた絵本の紹介

・一言おすすめポイント

・絵本を100倍楽しくする身振り手振りの紹介(☆マーク)

目次

赤ちゃんが最初に読む絵本にぴったりのはっきりした色使いや音を楽しむ絵本

赤ちゃんが最初に読む絵本にぴったり!はっきりした色使いや音を楽しむ絵本

1しましま ぐるぐる 絵:かしわらあきお

・0歳児が見やすいと言われる白黒赤を中心に使ってある 厚紙なので噛んでも破れにくい

2きらきら 作:新井洋行

・赤ちゃんはきらきらしたものが大好き くぎづけになる

☆目の前でゆっくり動かしてみる 光が反射してきらきらする

3すべりだい 作:新井洋行

・はっきりした色使いで分かりやすいお話

4ぴよちゃんとあそぼ ふわふわだあれ? 作:いりやまさとし

・ぴよちゃんのふわふわ感を手で触って楽しめる

5じゃあじゃあびりびり 作:まついのりこ

・絵がとてもシンプルで見やすい 

6あめふり 作:まついのりこ

・文字のない絵本 雨の音や動物の気持ちなど想像力が広がる

7おたんじょうび 作:まついのりこ

・初めてのお誕生日が近づいたら読んであげたい 色んな車がおいしそうな食べ物を運んで来てくれる

同じフレーズの繰り返しで子どもが真似したくなる絵本

同じフレーズを繰り返す絵本。子どもが真似をしたくなる

8だれかしら? 作:多田ヒロシ

・お誕生日のお祝いに「とんとんとん だれかしら?」と動物が訪ねてきてくれる

☆「とんとんとん」でノックの真似をする 「だれかしら?」で首をかしげる

9くっついた 作:三浦太郎

・「○○と○○が~くっついた!」で子どもとぎゅっとくっつくとよく笑ってくれる

☆最後の「おかあさんとわたしがくっついた」でほっぺたをくっつける

10きむらゆういち あかちゃんのあそびえほん 作:きむらゆういち

・しかけが楽しい 「とんとんとん こんにちは」「おへんじ はーい」など生活習慣も一緒に学べる

11もこ もこもこ 作:谷川俊太郎

・絵本のサイズが大きい 「もこもこもこ」など擬音しかない絵本 面白い

12たまごのあかちゃん 文:かんざわとしこ 絵:やぎゅうげんいちろう

・たまごに向かって「でておいでー!」と言いながら子どもと一緒に楽しめる

☆「でておいでー」のときに手招きをする

13おっとっと 作:とよたかずひこ

・お父さんくまに肩車をしてもらったけど……「おっとっとっとー」

☆膝に抱えた子どもと一緒に「おっとっとー」と言いながら左右に揺れる

14にんじん 作:せなけいこ

・苦手な食べ物も絵本のように「あーおいしい」と言えば食べれるかも

☆「あーおいしい」で口をもぐもぐさせる

15いやだいやだ 作:せなけいこ

・共感できる絵本 おかあさんも「いやだ」っていうよ

16あーんあん 作:せなけいこ

・「あーんあん」っていっぱい泣くと海が出来ちゃうよ

☆泣いている真似をしてみる

17こんにちは 文:わたなべしげお 絵:おおともやすお

・可愛いクマの子と「こんにちは」を練習してみよう

☆「こんにちは」のときに会釈をしている絵が書いてあるので一緒にぺこっと頭を下げる

18だるまさんシリーズ 作:かがくいひろし

・「の・が・と」の3種類 読み方はだれでも「だ・る・ま・さ・ん・の~」になる

☆だるまさんの絵に合わせて左右に揺れる

19まかせとけ 作:三浦太郎

・車好きな子と一緒に「まかせとけ!」

20おべんとうバス 作:真珠まりこ

・バスに乗るときに元気よく「はーい」と言ってくれる 長女はこのお話でお遊戯をしたことがある

☆「はーい」と元気よく手をあげてみる

21くだもの 作:平山和子

・実物かのような絵 「どうぞ」と出されると思わず食べたくなる

☆「どうぞ」のところで受け取って食べる真似をする

22おおきなかぶ 再話:A・トルストイ 訳:内田莉莎子 画:佐藤忠良

・名作 「うんとこしょ どっこいしょ」と子どもと一緒にやってみよう

☆ひざに乗せた子どもと「うんとこしょ どっこいしょ」と言いながら前後にゆらゆらする

寝る前の読み聞かせにぴったり読んでいると眠たくなるかも

寝る前に読む絵本にぴったりなものの紹介

23おかあさんといっしょ 作:薮内正幸

・どのページも動物が親子で出てくる 動物たちは何をしてるかな?

24いないないばあ 作:松谷みよ子 絵:瀬川康男

・とても癒される絵 「いないいないばあ」が嫌いな子はいない

25いいおかお 作:松谷みよ子 絵:瀬川康男

・「いいおかお」をしている子たちばかり出てくる 語りかけてくるような優しい文章に思わずにっこりしたくなる

26もうねんね 作:松谷みよ子 絵:瀬川康男

・読んでいるほうが眠くなってくる どの動物もみんな気持ちよさそうに寝ている

☆眠気を誘うように読んでいる合間にあくびをしてみる(おおげさに)

27きんぎょがにげた 作:五味太郎

・きんぎょが色んなところでかくれんぼをする 全部探し終われば満足して眠ってくれるはず

28ねないこだれだ 作:せなけいこ

・夜遅くまで起きているとどうなると思う?ねこ?どろぼう?いえいえ……

29はらぺこあおむし 作:エリックカール

・名作 歌がある 虫食い穴になる絵本が面白い

☆ちょうちょになったら本をパタパタして羽ばたかせる

30いちご 作:平山和子

・「いちご」が成長していく様子がリアルに描かれている とてもおいしそう

☆「おまちどうさま、さあ どうぞ」と言われたら遠慮なく食べる真似をする

31おつきさまこんばんは 作:林明子

・林明子さんの絵はどれもとても可愛いです 今日はおつきさまいるかな?と空を見たくなる絵本

お風呂・お料理・お着替えをする絵本

しつけに使える絵本の紹介

32おててがでたよ 作:林明子

・おてて、あたま、おかお、あんよがちゃんと出てくるかな?初めて自分でお着替えをする子の絵本

☆一緒に着替えてるつもりで「ぱっ」と手を出してみたり頭を「うんしょ」と出してみる

33しろくまちゃんのほっとけーき 作:わかやまけん

・絵本の手順通りにやれば本当にホットケーキが出来る お手伝いしたくなる絵本

☆しろくまちゃんと一緒にボウルをかき混ぜたり、ホットケーキをひっくり返す真似をしてみる

34わにわにのおふろ 文:小風さち 絵:山口マオ

・こわもてのわにわにがお風呂に入るだけのお話 読んでいるとわにわにがだんだん可愛く思えてくる

35おでかけのまえに 作:筒井頼子 絵:林明子

・おでかけのまえはドキドキわくわくするもの パパとママは忙しいから自分で用意をしないとね バッグを用意して、お着替えをして、おめかしをして……

36みんなうんち 作:五味太郎

・生き物はだれだってうんちをする ゾウのうんちは?ねずみ、とり、さかなのうんちはどんなうんち? 

2歳児さん向け お話を楽しむ絵本

2歳児さん向けの絵本は、お話を楽しむ絵本。

37かくしたのだあれ 作:五味太郎

・絵の中に隠れているものを探してみよう にわとりの頭にあるのはとさかじゃなくて…

☆見つけたら、あった!あった!と指さしをする 

38おしくらまんじゅう 作:かがくいひろし

・紅白まんじゅうがおしくらまんじゅうをやり始める 押されて押されて~どうなるかな?

39ぞうくんのさんぽ 作:なかのひろたか

・ぞうくんが散歩に出かけると、かばくん、わにくん、かめくんに出会った 一緒に散歩するはずだったのに、なぜかみんなぞうくんの背中の上 大丈夫かな?

40くだもの、だもの 文:石津ちひろ 絵:山村浩二

・くだものが海水浴へ行く話 ラストでくすっとする

41おやおや、おやさい 文:石津ちひろ 絵:山村浩二

・おやさいがマラソン大会に挑みます まるでラップのようなリズミカルな文章で大会の様子を実況している 何度も読んでいると子どもが覚えて先読みしてくる

42どうぞのいす 作:香山美子 絵:柿本幸造

・「どうぞ」の気持ちがつながっていくお話 良い行いには良い行いが返ってくることを教えてくれる

動物が主役の絵本

動物が主体の絵本の紹介

43どうぶつのおやこ 画:藪内正幸

・文字のない絵本 本物のような絵は子どもの知育にぴったり

44できるかな? あたまからつまさきまで 作:エリック・カール

・絵本を見ながら一緒に体を動かしてみよう 歌があります 長女がめちゃくちゃ踊っていた

☆ぜひ、歌を聞きながら子どもと踊ってほしい(YouTubeにあります)

45おんなじ おんなじ 作:多田ヒロシ

・おんなじもの持ってるとうれしくなるよね 子どもと一緒に「おんなじ」を探してみよう

☆「これ!」「これ!」と同じものを見つけたら指をさしてみる

全部読みたい!0歳、1歳、2歳児向けのシリーズ本

おすすめ絵本に、シリーズでたくさん発売されているものも。全部読みたくなる

46ももんちゃんシリーズ 作:とよたかずひこ

・ももんちゃんがとても可愛い 子どもたちから見ると親近感がわく絵

47ノンタンシリーズ 作:キヨノサチコ

・0歳児さんから幼児さんくらいまで読める本 ノンタンと一緒に大きくなっていく感じ

48おたすけこびとシリーズ 文:なかがわちひろ 絵:コヨセ・ジュンジ

・表紙の折り返し部分からお話が始まっている たくさんのこびとたちが得意を生かして大活躍する(2歳児さん向け)

4914ひきシリーズ 作:いわむらかずお

・いきなりお話を全部読むのは難しいのでまずは絵を楽しむ あちこちに散らばった14ひきのねずみたちを探すのが楽しい(2歳児さん向け)

50ぐりとぐらシリーズ 作:中川李枝子 絵:山脇百合子

・「ぐりとぐら」で出てくるカステラがとってもおいしそう レシピが福音館書店ホームページで公開中(2歳児さん向け)

まとめ~最初から本が好きな子はいない~

子どもが本好きになるかどうかはママパパが絵本を楽しめるかどうかで決まる

生後数か月の子に向かって、絵本を持ってきて「はい。今から絵本読むからここに来て」「ちゃんとママと座って」と言っても難しいです

座らせても絵本をかじりたくて全然読み聞かせにならないこともあります

そもそもじっとしていなくて泣いてしまったり一人遊びに夢中になってしまうこともあります

そういうものです

保育園の参観日に行くと先生が絵本を読んでくれることがあります

お話が理解出来るようになってくる2歳児さんより下の子たちは、途中で飽きて泣きだしたり、先生が途中で外へ連れ出したりすることはよくあります

ですが、本を見ないからといって「うちの子は本に興味がないんだ」と思うことはありません

本の面白さを親が伝えてあげれば子どもは寄ってきてくれます

まずはママパパが絵本を楽しみながら読んでみましょう

声に出して絵本を読んでいるのを聞いて、「なんだろう?ママ(パパ)楽しそうだな」と興味を引かれたら、きっと子どもは近くにきて絵本をのぞいてくるでしょう

子どもが寄ってきたら「一緒に見てみよっか」と声を掛けてお話を読んであげてください

たくさん絵本を読むことで、本を読む習慣がついてきます

忙しくて遊ぶ時間が取れないママやパパも、帰宅してから寝るまでに、あるいは寝かしつけのときに1冊だけでいいので本を読んであげましょう

それだけで子どもたちはママパパと触れ合えて、安心して嬉しくなるはずです

この記事で紹介した本はすでに読んだことがある、ということでしたら「絵本ナビ」をのぞいてみてください

新しく発売された絵本がたくさん紹介されていますし、季節のおすすめ絵本などが簡単に検索できます

口コミも載っていますので、初めての本でも選びやすいです

☆今売れている絵本や人気絵本のランキングを掲載☆

☆全ページためしよみ出来る絵本がたくさん!絵本のプレゼント企画なども☆

今後、幼児さん向けの絵本もまとめてご紹介したいと思います

☆合わせて読みたいおすすめ記事☆

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる